SSブログ
前の3件 | -

ギアナ高地旅行の終わりに [ギアナ高地]

ロサンゼルスでのファーマーズマーケットとハリウッド大通りの観光までついた観光バスの緊急チャーターは、リーズナブルなお値段で楽しめて、ツアー仲間は大満足で、空港ホテルまで帰ってきた。こういう予想外の成り行きは、普通のツアーではなかなか実現できないだろう。

ロサンゼルスの朝食を終えると、もう成田行きの飛行機に乗るだけになる。
IMG_2456w.jpg

ロサンゼルスの空港ロビーは来た時とは異なる場所で、見覚えがなかった。
座席は通路側。
IMG_2459w.jpg

往きは羽田発、帰りは成田着というのは初めての経験だった。いつもは空港まで車で行って、車の1泊が500円くらいの安いところに停めていたのだが、そういうこともできず、スーツケースを別送し電車を使った。羽田の国際線発着が多くなって便利になったのは、いいかもしれないが、便によっては今回のような不便も発生する。

さて、
今回のツアーの主な行先は、下記地図の〇のところ。
青い〇はガイアナのカイエトゥールフォール、
緑の〇はロライマ山、グラン・サバナ、
紫の〇はカナイマのエンジェルフォール
Map_of_the_Guiana_shieldw.png

赤の線で囲まれたのが、ギアナ高地の地質を持つところ。
黒い線は国境。

こうしてみると、旅行では、ガイアナからブラジルを経て、ベネズエラに入ったのだが、ギアナ高地の真ん中をぐるっとまわっただけで、そのほかには、行っていないことがわかる。

ベネズエラの西側と南側にもギアナ高地と同じような特徴を持つ風景がひろがっているはずだが、そのあたりの情報は、よくわからない。
ということは、まだまだ未開の知られざる絶景があるのではないか、という期待が湧きあがる。
いつか、そちらにも行ってみたいものだ。

今回は、ついに一眼レフを持っていかなかった。ちょっと機能が多めの普通のデジカメを持っていった。一眼レフの反応のよさに慣れていたので、シャッターチャンスに間に合わないことがたびたび起きた。だが、重たいものを持ち歩けなくなった以上は、デジカメに慣れていくしかない。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夜のハリウッド大通り [ギアナ高地]

ギアナ高地からの帰りのフライトの関係でロサンゼルスに泊まった夜、ファーマーズマーケットでたくさんのビールと朝鮮料理の焼肉でご機嫌になった私たち。急遽チャーターした観光バスは、ハリウッド大通りも立ち寄ってくれた。

地球最後の秘境と言われるギアナ高地からロサンゼルスの目抜き通りというのは、落差が大きすぎて、おのぼりさん状態だ。ユニセックスの世界は、関係なさすぎ。
IMG_2414w2.jpg

通りのタイルの星形の模様は、記憶に残っている。
マイケル・ジャクソンの記名入り星形。
IMG_2433w.jpg

何十年か前にきたときは、お昼だったためか、こんなにおまわりさんはいなかったと思う。9.11以降は増えたのかもしれない。
IMG_2415w.jpg

金色のお洋服のおじさまがいたり・・
それにしても、どうして、みんな歩いてないんだろう。立ち止まって金ぴかマンを眺めている。
IMG_2416w.jpg

背中に羽が生えたお姉さまがあるいていたり・・・・
IMG_2419w.jpg

なんとなく、立ち止まったり、座ったりしている人たち。
IMG_2420w.jpg

まさか、宇宙から来た人に道を尋ねているのではないでしょうね。
IMG_2422w.jpg

中世の騎士みたいな、なにかに扮装した人と記念写真を撮る人。
IMG_2424w.jpg

お金を払わないでも2ショットの写真を撮らせてくれるのかしら。

こういう扮装がなんなのか、さっぱりわからない時代遅れの私たち。
IMG_2425w.jpg

これは確かにチャイニーズシアター。記憶に残っている。
IMG_2429w.jpg

そうそう、この前のタイルには手形と足型とサインがあった。
ベネズエラのグラン・サバナではジュラッシックパークの撮影を行ったというので、スティーブン・シュティルバーグのを記念に撮影しておこう。
ところで、この2本の足の影ってアタシかしら。こんなに長かったっけ。
IMG_2432w.jpg

こういう人たちをみていると、だんだん感覚がおかしくなる。
IMG_2441w.jpg

坊や、もう夜の9時をまわっていて寝る時間はとっくに過ぎているのだよ。
IMG_2444w.jpg

そうだ、もう、帰って寝よう。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロサンゼルスのファーマーズマーケット [ギアナ高地]

ロサンゼルスから日本への乗り継ぎがよくないので、ロザンゼルスの空港近くのホテルに泊まった。だが、今晩の夕食はツアーにはついていないので、各自とることになっている。ホテルのレストランで旅行最後の夜をのんびりと過ごそうと思っていた。ロサンゼルスは車社会だし、ここはダウンタウンではなく空港利用者向けのホテルなので、散歩しながらレストランをさがすという楽しみはできそうもない。

ここで、添乗員さんが夕食のヒントを出してくれた。その中に、ファーマーズマーケットで食事をするという選択肢が入っていた。私を含めて全員一致でファーマーズマーケットに繰り出すことになった。問題は、どうやってファーマーズマーケットまで行くか、ということだった。タクシーを呼んだとしても、3,4台に分乗してファーマーズマーケットで再び落合わなければならない。いっそのこと、バスをレンタルしてみよう、ということで、さっそく手配をしてくれた。

幸いなことにうまくバスをチャーターできた。
バスに乗り込んで驚いたのは、床も天井もピカピカと光って模様が現れる。こんなバスはみたことがない。少なくともリタイア組みの多いツアー客が乗る観光バスではない。だけど、みんな、このバスに大はしゃぎだ。

写真左(上)はバスの中。
写真右(下)はバスの床。ト音記号をモチーフにしたようなデザインだ。
IMG_2396w.jpg IMG_2397w.jpg

死語になってしまったが、サイケデリックという感じ。窓ガラスに濃い色がついていて、外がよくみえないのが残念だ。

夕方の通勤ラッシュと重なったようで、道路の広いロサンゼルスでも渋滞して、30分以上かかったと思うが無事ファーマーズマーケットに着いた。20年以上も前に来たことがあるけれど、そのときは昼間だったし、記憶に残る風景とは異なる。
IMG_2399w.jpg

大きなアーケードの中に入ると、食べ物屋が並んでいる。品物が豊富だ。
IMG_2401w.jpg

かぼちゃ、3.99ドルね。まぁ、こんなものかな。
IMG_2402w.jpg

共有のテーブル。
IMG_2403w.jpg

日本の急須が!!
IMG_2404w.jpg

ケージで飼っていたのではない鶏肉だって。ベネズエラでは全部、ケージではなく放し飼いだったなぁ。
IMG_2405w.jpg

大量に並んだソース類、これぞ、アメリカン。
IMG_2406w.jpg

で、食べたのは、韓国料理の焼肉やナムル。ビールによくあっておいしかった。
IMG_2412w.jpg

こういうところで、日本食が恋しいなどと誰も言い出さなくて良かった。日本食だけは、日本の専門店できちんとお出しをとって作ったものを食べたいから。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。