SSブログ

ナスカの地上絵 [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

ピスコから小型のプロペラ機に乗って、ナスカまでを往復する。
飛行機の席はくじ引きで決めた。12人乗りで、12番が当たった。つまり最後部席だ。2列の座席でどの席も窓から外がよく見える。
しかし、後で、わかったことだが、この席は最悪だった。小型だからゆれるのだが、後部席はもっとも揺れが激しいのだ。

IMG_6678sw.jpg IMG_6683sw.jpg 

飛行機が飛び立つと、すぐに海が見える。だが、薄い霧がかかっていて、ぼんやりしている。砂漠地帯だから雨が降るということはないだろうけれど、いつも曇っているように感じる。
IMG_6686sw.jpg 

飛行機は海沿いに南下していく。砂漠地帯に川が流れているところだけが、植物が生えていて緑になっているのがよくわかる。この川はアンデスの雪解け水だ。水が干上がって流れの跡だけが残っているところもある。
IMG_6697sw.jpg

川が見える。
IMG_6700sw.jpg

ナスカの上空に来たらしい。パイロットが英語で説明しながら、窓からよく見えるように、機体を傾ける。反対側の人たちにもサービスするために、今度は大きく、ぐるりとまわって戻ってくると、反対側に機体を傾ける。なにか見えてきた。
IMG_6708sw.jpg

だが、このあたりから、飛行機酔いが始まってしまった。ブーンと飛行機が旋回するたびに、吐き気を催し、目もあけていられない。
IMG_0891sw.jpg

ファインダーを見ないで、シャッターを押す。
IMG_0894sw.jpg

道路と車と、地上のミラドール(展望台)が見える。そのそばには、クモやサルみたいな絵が見える。
IMG_0905sw.jpg

あまりの気分の悪さに、カメラをやめて、ぼんやりとしていた。
IMG_6715sw.jpg

平野から少し山のほうに向かった。草木がまったくみえなくて、黒い岩が横たわっている。
IMG_6719sw.jpg

砂漠と黒い岩。
なんだって、こんなところに絵を描いたんだろう。
パイロットが山肌になにかがあると叫んでいる。
IMG_6722sw.jpg

お、宇宙人だ。山肌なので、機体を傾けなくともみることができた。
IMG_6722sw2.jpg

 どうやら、地上絵の見物は終わったらしい。飛行機はまた水平飛行に入り、少し気分が回復した。
IMG_0909sw.jpg

ここから30分ほどで、またピスコへ戻った。
ピスコの海岸べりのレストランに入ったのだけど、飛行機酔いが残っていて、食事がのどを通らなかった。
IMG_6731sw.jpg

レストランの前の海は、気分を落ち着かせてくれる。
ツアーの人たちの中で、一番飛行機酔いがひどかったらしい。
やっぱり、最後尾の席がよくなかったのだ。
それと、カメラ。ファインダーからのぞいて、1点をじっとみているとよくない。
ナスカの地上絵の写真は、専門家にまかせるべし。
IMG_6730sw.jpg


クスコを素通り [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

朝の3時にリマのシェラトンホテルに到着して朝6時半にはホテル出発、ピスコからナスカまで地上絵を見るために飛行機で揺られて、夕方の19時過ぎに、またシェラトンホテルに戻ってきた。ピスコからのバスでは、飛行機酔いのためにぐったりとしてしまい、1枚も写真を撮っていなかった。

夜8時の夕食も、時差ぼけと飛行機酔いで、食欲がわかない。
ビュッフェ方式でぐるぐると見て回ったら、お寿司みたいなのがあった。海苔でごはんを巻くのは、ついに世界的に認められるようになったらしい。
IMG_6732sw.jpg

ピスコサワーというのが、ウェルカムドリンクで出された。下の写真の白い飲み物。ピスコとは、ナスカへ行く飛行機に乗ったところの地名だが、そこで作られる飲み物なので、ピスコサワーと呼ばれている。ぶどうの蒸留酒にレモン、卵白、シロップなどをまぜてあるとのこと。結構アルコール度数が高くてきついのだが、柑橘系のさわやかさとシロップの甘さで、どんどん飲めてしまう。
IMG_6733sw.jpg

ピスコサワーのおかげでぐっすり眠れた。成田を出発してから3日ぶりくらいになるのかしら、お風呂に入ってベッドで横たわったのは。

観光2日目。

いよいよマチュピチュに向けて出発だ。
リマの空港から、飛行機でクスコまで行き、そこからバスでオリャンタイタンボまで行き、さらに展望列車に乗り換えて、マチュピチュの麓まで行く。なんとも大変なことだ。

リマの朝は、やっぱりどんよりとしているが、仕事に出かける人たちであふれかえっていた。バスが重要な交通手段になっていて、きめ細かく行先が決められているらしい。
IMG_6735sw.jpg

リマからクスコへは、1時間のフライトなのだが、それが、お客が少ないからということで、乗る予定の便が飛ばなくなってしまった。次の便は、1時間後だ。なんだかんだで、9時出発予定が、11時半出発になってしまった。

以前、パタゴニアに行ったときも、やはり国内便が遅れに遅れてしまったのだったが、どうも、南米の国内便は、遅れることが当たり前らしい。

ようやく出発した飛行機は、窓際席ではなかった。予定していた飛行機の座席番号は、窓際だったのに、欠便になったために、座席はごちゃまぜにされたのだ。

クスコの標高は3400m。飛行機でいきなり高地に来た。
海沿いのどんよりしたリマと違って抜けるような青空が見える。IMG_6739sw.jpg

空港から出て青空の下にくると、いっぺんにご機嫌になるから、やっぱりお日様は偉大だ。IMG_6740sw.jpg

だけど、飛行機と民家が隣り合わせでスリル満点の飛行場だ。3000mの高地だと住むところも飛行場にするスペースも厳しいのかもしれない。家がぎっしりつまっている。
IMG_6743sw.jpg

インカ帝国の皇帝パチャクティの像がそびえていて、かつてのスペイン領も、今はインカの末裔の人たちの国になっていることを示している。15世紀にパチャクティは、クスコを中心としてインカ帝国をつくりあげた。その後インカ帝国はスペインに滅ぼされたが、今でもパチャクティは、クスコに君臨している。
IMG_6749sw.jpg

飛行機が遅れなければ、クスコの遺跡めぐりが行程にはいっていたのだけど、なくなってしまって、バスで通り過ぎるだけ。それでも市内の風景は、日本とは違った表情を見せていて、なかなかおもしろい。

あら、KARAOKEって看板が・・・カラオケも世界的ですねぇ。
IMG_6750sw.jpg

このおばさま、肩の荷物がインカ風。
IMG_6751sw.jpg

街角で、行商のおばさまの帽子もなんとなくインカ風。街灯の緑の柱がとっても立派。これはスペイン領時代のものですね。
IMG_6752sw.jpg

なんとなくスペイン風の町。IMG_6754sw.jpg

インカのおばさまと、旅行者。
IMG_6755sw.jpg

バケツリレーで崖の石積み。すごい風景ですね。
IMG_6758sw.jpg

あちこちで工事が行われている。人海戦術でやるらしい。坂の町は大変だ。
IMG_6759sw.jpg

ここのおばさまもインカそのもの。
IMG_6760sw.jpg

インカのおばさまと犬と。
IMG_6763sw.jpg


クスコからマチュピチュへ、豊かな田園風景 [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

インカ帝国の首都だったクスコはアンデス高原の高いところ、標高3400mにある。これから向かうマチュピチュ村の標高は2000m。1400mもこれから下っていくことになる。
ペルーの首都、リマは海岸沿いにあるが、ナスカの砂漠地帯と同じように雨の少ないところだった。そしてクスコを抜けると、アンデス山脈をはさんで、海とは反対側の内陸部になっていく。そして気候は、マチュピチュが近づくにつれ、熱帯雨林のしげる地域へと変化していく。マチュピチュは、もうアマゾンに流れる支流を持つ地域になるのだ。

バスはクスコを抜けると緑の豊かな農村地帯に入る。
下り坂で、細いながらもよく整備された観光用の道路なので、猛烈なスピードで駆け下りていく。
IMG_6767sw.jpg

お葬式でもあったような雰囲気。
IMG_6776sw.jpg

野菜が植えられている。ほとんどはじゃがいものよう。
IMG_6777sw.jpg

ちょっとした町を通り抜ける。
世界中からマチュピチュへ集まってくる人たちは、クスコからこの道路を通って電車の便のいいオリャンタイタンボまでいくか、あるいはクスコからその電車に乗るかのどちらかになる。クスコからの電車は本数が少ないので、ほとんどの観光客は私たちのように、この道路をバスで行くことになる。
だから、途中にもしゃれたホテルやレストランがところどころに見えるのだ。
IMG_6779sw.jpg

なんだか落ち着く風景。
IMG_6780sw.jpg

ヨーロッパを走っているようだ。
IMG_6784sw.jpg

ちょうど夏。菜の花やじゃがいもの紫の花が畑一面に咲いている。日本にもペルーから農産物を輸入しているけど、こういうところで作られているのね。
IMG_6786sw.jpg

トイレ休憩のところには、しっかりと露店のみやげもの屋がある。
IMG_6794sw.jpg

旅行も始まったばかりで、商品がものめずらしいものの、あんまり買う気がおこらない。アルパカのマフラーや手袋が並んでいる。
IMG_6795sw.jpg

トイレの屋上にかわいい服の子供たちがいたが、写真をとるとお金を請求されるらしい。下の町からわざわざ景色のいい観光客用の休憩施設まで上がってきたのだ。
IMG_6798sw.jpg

休憩所から見える田園風景は豊かに見えるけど、畑の区画が、狭いようだ。大規模農業はやってないのかな。
IMG_6797sw.jpg

バスは再び猛スピードで疾走する。素晴らしい景色が飛んでいく。

平らな水田のような畑にはしないで、斜面そのままを使っている。日本だと棚田にするだろう。
IMG_6802sw.jpg

結構、民家が続く。
IMG_6803sw.jpg

バスはこういう景色に目もくれないでいちもくさんに下って行く。
IMG_6805sw.jpg

と思ったら、峠道にさしかかったらしい。雪山が見える。
ペルーの景色の多様さは世界でもめずらしいのではないかしら。
サボテンも見える。サボテンとアンデスの雪山と菜の花と、おもしろい取り合わせ。
IMG_6817sw2.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。