SSブログ

標高3400mのクスコの夜 [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

マチュピチュ村からクスコまではおよそ100km。午後1時半の電車に乗って、バスに乗り継ぎ、クスコに着いたのは、午後5時をまわっていた。4時間近くかかっている。1400mもの標高差のあるところを登ってきた。

3日前にリマからクスコに着いたときは、飛行機が遅れてクスコでの観光の時間がとれなかった。だからなんとか観光の時間をとろうと、インカの末裔らしき現地添乗員さんは動いてくれる。サントドミンゴ教会の観光時間は5時までなのだが、どうにか中に入れてもらった。、もうクスコの町も日が暮れかけていた。
写真はサントドミンゴ教会の2階外回廊から。
IMG_7304w.jpg

このサントドミンゴ教会はキリスト教の建物だ。だが500年前のインカ帝国時代は、インカの人々の創造神である太陽の神殿だった。インカの財宝が奉納されていたらしい。スペインが入ってきたとき、建物は壊され、中のものは持ち去られ、キリスト教の教会が建てられた。ところが建物の土台は、インカ時代のものが使われたために、内部にはきれいなインカの石組が残っている。
下の写真は、スペインがインカの石組の上に作った石組である。石と石の間に土が練りこまれていて、だれが見ても、インカの石組の美しさには及ばない。
スペインもとんだ証拠を残したものだ。
IMG_7305w.jpg

インカの末裔の現地添乗員さんがなんとしても見せたかったものが伝わってきた。 

サント・ドミンゴ教会の中庭は、スペインのアルハンブラ宮殿を思わせるつくりになっている。
IMG_7307w.jpg

駆け足でサント・ドミンゴ教会を見学した後は、町を見ながら、レストランまでの道を歩いた。

こういう細い道をぬっていく。
IMG_7312w.jpg

ところどころに間口があいていて、お土産にするようなものを売っている。大きな荷物をしょった現地の人。
IMG_7314w.jpg

この通りはインカ時代に造られた石組だ。見事。
IMG_7318w.jpg

石の大きさに合わせてきっちりと組んでいる。いつも剃刀の刃も通さないと表現される。
IMG_7320w.jpg

また大きな荷物を背負った現地の人。
IMG_7324w.jpg

この通りは新しいようだが、段差がつけられている。これだと水はけもいいですね。だが、これはきっとスペイン時代の道路だろう。石が違う。
IMG_7330w.jpg

突然、アルマス広場に出た。クスコで一番にぎわう場所だそうだ。もうとっぷりと日が暮れていて、山に広がる住宅の灯が、お星さまみたいだ。
IMG_7332w.jpg

その広場のど真ん中にも荷物を背負った現地の人がいる。荷物の中身は何なんだろう。
IMG_7333w.jpg

反対側もきっと山なのだろうけど、山の中腹のキリストが光っていて広場を見下ろしている。
IMG_7339w.jpg

ペルーの宗教は、ローマ・カトリックが89%、プロテスタントが6.7%だそうだから95%がキリスト教なのだ。インカの太陽の神はどうなったんだろう。人種構成を見ると先住民45%、混血37%、ヨーロッパ系15%、その他3%だそうだから、先住民が多いのだが、長期間にわたるスペイン時代にキリスト教になっていったのだろう。

さて、レストラン「ドン・アントニオ」に着いた。フォルクローレショーつきだ。
アンデスの笛ケーナが響き渡る。
IMG_7341w.jpg

お面をかぶっている女性が杖をもっている。なにか有名なストーリーが展開しているのかもしれない。
IMG_7348w.jpg

ダンスも素敵。結構有名な踊り手が出演するらしい。
IMG_7351w.jpg

だけど、朝早くからマチュピチュのインティプンクに登った疲れが出てきたのか、踊りを楽しむどころではなくなった。こういうのって、結構、気合いを入れてみないと楽しめないのよね。念のため、アルコールは控えたのだけど。
IMG_7353w.jpg

そういえば、3400mもの標高で一晩過ごすのは、初めてだ。3000mを超えたことはなかった。マチュピチュにいくときはクスコを通ったが、泊まらなかった。標高に慣れていくということでは、リマの0m地帯から、クスコを素通りして、2000mのマチュピチュで泊まり、次が3400mのクスコで泊まる、ということになるから順当である。だが一刻も早く、ベッドに横たわりたいのは、ハイキングの疲れもさることながら、きっと3400mの標高がきいているんだろう。


標高3800mのチチカカ湖が見えた [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

 観光6日目

標高3400mのクスコで、無事、朝を迎えた。
マチュピチュに行くために預けていたスーツケースもホテルに届けられていた。
本日の行動予定は、ペルーのクスコからボリビアのラパスまで飛行機で行き、ラパスの町を見学することになっている。ラパスの空港は標高4000mを超える。お泊りはラパス。

飛行機会社はアマゾネス航空、名前がいいじゃない!
ギリシャ神話に出てくる女性戦闘集団の名前ではないか。いや、クスコ一帯は、アマゾン川の流域に入るからアマゾネスになるんだろう。そもそもギリシャ神話とアマゾン川の関係はどうなっているんだろう。
IMG_7367w.jpg

ワーグナーのオペラ、リングに出てくるワルキューレに喝采を送る身としては、アマゾネスは魅力的。さらにラッキーなことに座席は窓側。だが、視界の半分は羽が占めている。まぁ、よしとしよう。

飛行機の離陸寸前。クスコの密集した街並みが、滑走路のすぐ近くまでせまっている。
IMG_7371sw.jpg

離陸すると、クスコの山の上のほうの民家がよく見える。
IMG_7372sw.jpg

飛行機が高度をあげていくと、豊かな農村地帯になっていく。
IMG_7376w.jpg

川の流れが茶色い。民家がだんだん見えなくなる。
IMG_7378sw.jpg

1時間くらい飛ぶと、湖が見えてきた。チチカカ湖だ。標高3800mだからクスコより高いところにある。
IMG_7383w.jpg

さすがに広い。えんえんとチチカカ湖。
IMG_7385sw.jpg

チチカカ湖の写真上半分はペルー領、下半分はボリビア領になる。このフライトで国境を超えるのだ。
IMG_7388sw.jpg

チチカカ湖に浮いているという葦でできた島をさがしたが、全然分別がつかない。多分、写真上のほうの半島に隠れてしまっていると思う。それにしても飛行機の羽がじゃま。
IMG_7391w.jpg

湖は雲を写しておだやかだ。
IMG_7392sw.jpg

なんという島なのかわからないけど、島がみえるというだけで、なんだか嬉しい。 
IMG_7393sw.jpg

水の色が微妙に変わっているのはどうしたことだろう。
IMG_7394w.jpg

グーグルマップで調べてみるとこの島には名前がついていた。写真と地図が一致すると、とても満足感がある。
IMG_7395w.jpg

まだまだ島が見えてくる。
IMG_7396sw.jpg

あれっ、そろそろ終わり?
IMG_7397sw.jpg

チチカカ湖は終わり。
IMG_7398s2w.jpg

と思ううちにすぐにラパスの上空に来た。チチカカ湖とラパスは50kmくらいしか離れていない。だったらチチカカ湖に寄ってもよさそうなものだが、そうすると、また2日がかりになってしまうので、今回は寄らない。
IMG_7399w.jpg

標高4000mのラパスに到着だ。
IMG_7401w.jpg


ロープウェイは、標高4000mのラパスの都市交通手段、 [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

朝10時45分にクスコを飛び立ち、12時半には、ボリビアのラパスに着いた。2時間もかからないフライトなのだが、国境を超えるのでそれなりに時間がかかってしまう。
ラパスの空港は、厳密に言えば、ラパス市内ではなく隣町のアルトにある。正確にはエル・アルト国際空港と呼ばれる。標高4150mにある世界最高標高の国際空港として知られている。酸素濃度が薄いためにエンジンの燃焼効率が悪いとか、揚力発生能力が低いなどの難問があるようだ。
標高が4000mもあると、気圧も低いので、持っていたあめ玉の袋がパンパンにふくれあがってしまう。ご飯はおいしく炊けるのかなぁ。もしかして体重は軽くなっているかも。

そういう町で、これからロープウェイに乗って昼食を食べるレストランに行く。ロープウェイ乗り場は、空港からバスで10分ほどのすぐ近く。2014年5月に開通したばかりだ。
写真は、エル・アルトのロープウェイ乗り場。
IMG_7404w.jpg

現地の人も乗ってくる。
IMG_7405w.jpg

この方は、ここで降りた人かな。
IMG_7406sw.jpg

さて、ロープウェイが動き始める。ロープウェイというと、まずは上がっていくもの、と思う。だが、ここは違う。下がっていくのだ。標高4000mともなると、常識が通用しないことも出てくる。
IMG_7408w.jpg

眼下にエル・アルトの民家がぎっしり。
IMG_7409w.jpg

すり鉢状に広がる土地は家ばかり。エル・アルトはラパスの衛星都市なので、どこからラパスなのか、わからない。埼玉、神奈川、千葉、東京を含めて東京近郊と言っているのと同じで、この辺全体が、ラパスだ。
IMG_7410w.jpg

山のほうを見れば、遠くに雪を被ったアンデスの山々が見える。ボリビアでは標高6500mほどの山もあるのだ。
IMG_7411w.jpg

はるか行く手の下のほうに、高層ビル群が見えてきた。
IMG_7412w.jpg

それにしても、このおびただしい民家。エル・アルト市の人口は118万人とあった。ラパスは100万人に満たないようだけど、おおよそのところ、200万人近くが、このすり鉢のまわりに住んでいるのだ。
IMG_7413w.jpg

民家の上をなめながら滑るロープウェイは世界広しといえども、ここにしかないだろう。
IMG_7414w.jpg

ロープウェイはどんどん下りていく。ラパスの中心街の標高は3600mだから、500mほど下りる計算になる。
IMG_7415w.jpg

やはり標高が高いところは、住みにくいようで、お金持ちは、すり鉢の底のほうに住んでいるそうだ。高くなれば空気が薄い上に、坂道を登ったり下りたりしなければならない。
IMG_7416w.jpg

このロープウェイができたおかげで、今まで車で30分かかっていたところに10分で行けるようになったとか。
庶民の足にもなっているようだ。
IMG_7418w.jpg

駅が見えてきた。これは途中の駅で、私たちが降りるのは、その次の駅。そこが終点になる。
IMG_7419w.jpg

駅を素通りして・・・・
IMG_7420w.jpg

これはお墓だって。団地方式のお墓なんだ!
IMG_7421w.jpg

お墓の続き。ラパス最大の墓地だそうだ。
IMG_7423w.jpg

そろそろ終点。
IMG_7424w.jpg

10分間のスリル満点のロープウェイでした。
IMG_7428w.jpg

このようなロープウェイは現在、3本運行されていて、さらに6本ものロープウェイが計画されているそうだ。
ラパスは家が密集しているし、地下には102の水脈があって、地上にも地下にも線路を作ることができないとのこと、バスが庶民の足だったが、それも限界にきていて、窮余の一策としてロープウェイがつくられている。
その地下水脈やアンデスの山からの雪解け水のおかげで、水には困らないそうだ。

今乗った区間は2.4km。現在運行中の合計距離は10kmに及ぶ。ゴンドラの定員は10人、1時間に3000人を運ぶことができるそうだ。ロープウェイとしては、世界最高標高だそうだ。都市交通としてのロープウェイの距離数も世界最高だとのこと。

すごいところに来たものだ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。