SSブログ

ラパスでのひととき [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

ラパスの中心地にあるサン・フランチェスカ教会前でバスに乗り、次に向かったのは、レストラン、その前にちらっとゴールド博物館。
バスからラッパや竪琴や五線譜をデザインした素敵な飾り窓が見えた。音楽柄が見えるとすぐに反応してしまう。こういうデザインがラパスにあったなんてちょっと不思議な気がするが、スペイン占領時代の名残なんだろう。
IMG_8441sw.jpg

バスから見える建物には立派なものもある。道路の真正面の丘には、住宅が上のほうまで密集しているのがいかにもラパスらしい。ラパスではどの路地に入っても、向こう側に見える景色は、小高い丘まで這い上がった住宅地だ。
IMG_8443sw.jpg

ゴールド博物館のちょっと手前でバスを下りて、こういう路地をぬけていく。博物館もさることながらこういう路地を歩くのはとても楽しい。スペインの香りがただよう。
IMG_8445sw.jpg

目的地であるゴールド博物館はここ。素敵な扉だ。紀元前2000年前の黄金のアクセサリーなどが飾ってあった。博物館といっても建物は、元貴族の館だったものだし、博物館も私設のものらしい。
標高3600mにあるので、すっかりくたびれてしまい、展示を見るより、深呼吸ばかりしていた。朝5時にウユニのホテルを出発したのだからこたえるはずだ。
IMG_8448sw.jpg

また路地を通ってバス道まで行く。やっぱり真正面は丘の上まで住宅が密集している。
IMG_8449w.jpg

さて、レストランに到着した。ラパスのオアシスといった感じの雰囲気のいいところだった。中心地からは標高もかなり低くなってきて、山が近い。
日本だと、ちょっと小高い丘にあるレストランに行って山の景色を楽しみながら食事、となるところが、ここ、ラパスでは、低いところに行って山の景色を楽しみながら食事、ということで、発想がまっさかさまになるところがおもしろい。100mでも低いところのほうが楽な気がする。
IMG_8455w.jpg

緑の芝生の上にテーブルと椅子をセットしてくれていたのだが、あまりの暑さのために屋内にテーブルを作りなおしてもらった。欧米の方はみなさん、太陽の下で食べるのが好きなんですね。
ウェルカムドリンクのガラスの縁に砂糖がついていておいしかった。
IMG_8450w.jpg

ミックスグリルにサラダバー、チョコレートムース。半分食べてしまったところ。手作り感のある鉄板がめずらしいので。
IMG_8451w.jpg

食べ物より、庭の芝生と花が良かった。ウユニでは塩のためか、花をあまりみかけなかった。ラパスの中心地も人が多くて、植物はあまりなかった。
IMG_8452w.jpg

久しぶりの緑と花だ。
IMG_8453sw.jpg

気温はそれほど高くはないのかもしれないが、標高が高いせいか、陽射しがきつい。
IMG_8454sw.jpg

ランチでまた元気を取り戻して、次に向かうのは「月の谷」と呼ばれている奇岩でできた景勝地だ。そういえば、ラパスの町中でも奇岩が顔を出しているところがあった。すぐにバスの窓からも岩がごつごつ見え始めた。
IMG_8457sw.jpg

さて、バスを下りて月の谷のミニハイキング開始。月の谷入口に咲いていたゼニアオイは、木みたいだった。種類が日本のとは違うのかしらん。葉っぱも微妙に違うし。
IMG_8458sw.jpg


ラパス”月の谷”プチハイキング [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

ラパスの中心街は標高3600mくらいだが、そこからさらに下った標高3400mあたりのところに「月の谷」という奇岩でできた景勝地がある。近くまでくると、月の谷という名前があまりピンとこないが、ウユニに行く前にラパス郊外のキリキリ展望台から、このあたりをカメラをズームアップして見たときは、本当に月の表面のように灰色で死の世界のようだった。月の谷とはよくぞ名付けたものだと思った。
手すりがついていて安全対策はされているものの、滑りやすく、アップダウンが結構あって、中級ハイキングコースなみのきつさがある。
IMG_8463sw.jpg

氷河によって削られた土が堆積した地層が、さらに雨によって浸食されてこの奇岩になったという。だから、岩ではなくて、土なのだ。とても脆い地層なので、雨が降ると形が変わっていくらしい。
IMG_8469sw.jpg

サボテンが咲いている。時期がはずれているらしくて咲いているのはほとんどなかったけど。
IMG_8468sw.jpg

谷に分け入ったかと思えば、見晴のいいところもある。向こうに見える女性3人組はタンクトップに短パンで帽子もない。欧米人は、だいたいこのスタイルだ。
IMG_8473sw.jpg

一方、日本人は、帽子はもちろん、長そでのシャツに必ず足元まであるズボンを穿いている。だから、遠くから見ても、日本人の集団か、そうでないかはすぐにわかる。
IMG_8490sw.jpg

脆い地盤のすぐそばまで民家がせまっている。不法建築らしいが追い出そうとしているわけでもなく、地盤がくずれたときの言い訳ぐらいの意味しかないのではないかしら。日本の海岸でも別荘地が波で削られて、家が無くなったりしているが、それと同じことが起きても不思議ではないだろう。
IMG_8474sw.jpg

危ないからと言って護岸工事みたいなことをやっているわけでもないし。
IMG_8480sw.jpg

見学コースはちゃんと通路を作っているからいいけど。
IMG_8483sw.jpg

この花、ウユニ塩湖のインカワシ島にも咲いていた。あそこは3700mで、カメラを向ける元気も残っていないほど消耗していた。ここも標高3400mだから息が切れる。
IMG_8485sw.jpg

オオー、コワー。
IMG_8486sw.jpg

橋をかけて歩きやすくしているとはいっても、地盤そのものが脆いので雨でも降ったら土砂崩れでもおきそうだ。だが植物の生え具合を見る限りでは、雨はあまり降らない様子だ。そのかわりにアンデス山脈から流れてくる地下水がふんだんにあるので、人間の飲み水には困らないようだ。
IMG_8488sw.jpg

崖にかろうじてしがみついているサボテン。ガンバッテルネェ。
IMG_8492sw.jpg

オチルナヨ~。
IMG_8493sw.jpg

こういうところで、花をみるとうれしいですね、色があって。
IMG_8495sw.jpg

これはルピナス。もう実がなっている。ルピナスはニュージーランドの原野のような涼しいところの植物だと思っていたけど。
IMG_8497sw.jpg


標高3400mでのゆとり [マチュピチュ・ウユニ塩湖]

マチュピチュとウユニ塩湖の観光が終わってしまうと、なんとなくのんびりムードが漂う。ここ”月の谷”のハイキングも標高3400mのきつさがあるものの、ウユニ塩湖の標高3700mをクリアしたので、もうここまでくるとなんとかなるだろうと思う。”月の谷”はラパスの大都会のすみっこだから、なにがあってもなんとかなる範疇に入っている。
ということなので、ハイキングといってものんびりマイペースで重たい一眼レフを持って歩く。それにこの標高にかなり慣れてきたのだろう。
IMG_8499sw.jpg

だけど、正直なところ、この重たいレンズのついたカメラを持ち歩くのはもう今回が限界かもしれない。
IMG_8500sw.jpg

標高3000mを超えるとやっぱり息がきれる。でもウユニ塩湖ほどではないから、標高3500mがこれからの旅行先の目安になりそうだ。となると、富士山はどうかなぁ。
IMG_8501sw.jpg

ラパス”月の谷”の旅行のレビュー記事などを読むと、あんまり評判はよくない。がっかりした~、という記事が多い。そりゃ、ウユニ塩湖の圧倒的な大自然を見た後、ここにくると、規模も違うし、美しさも違うし、大都会のすぐ近くという手軽さからくる重みのなさはしょうがないですね。IMG_8502sw.jpg

だけど、ここにこないとわかりにくいこともある。月の谷から察するに、ラパスの地盤は極めて脆弱だということ。ちょっとでも雨が多くなってしまうと、大災害が発生するのではないだろうか。そう思って土砂災害、ラパスのキーワードで検索してみると、出てくること出てくること!!! やっぱりかなり危険なところなんだ。
ラパスの地形を改めて見てみると、氷河の流れがあったU字谷の上に市街地がのっかっている。だから標高の低い”月の谷”までくると、氷河に流されてきた土が堆積することになるのだ。そして雨によってその土が日々浸食され、”月の谷”の風景を作っている。

こういうことは”月の谷”の視点からラパスをみてみないとわからないことだ。本当に来てよかったと思う。

岩のてっぺんにあるサボテンだって、風前のともしびみたいな運命にあるのだろう。
IMG_8506sw.jpg

その、サボテンを記念に撮っておこう。
IMG_8507sw.jpg

民家が近くに見えたので、ここでハイキングは終わりかと思ったのだが・・・・
IMG_8508sw.jpg

まだ登っていくらしい。
IMG_8509sw.jpg

土地はもう砂漠といってもいいような地合いだ。乾燥地に強そうな植物が生えている。
IMG_8511sw.jpg

可憐な花をつけている草もたま~にみかける。
IMG_8512sw.jpg

だけど、やっぱりサボテンがここには一番似合うようだ。
IMG_8515sw.jpg

ボリビアの民族衣装を着たおじさんが歌を歌っていた。やっぱり都会の中の観光地ですね。お賽銭箱もあったので遠巻きに歩いた。
IMG_8522sw.jpg

とうとう出口に到着した。1時間ほどのプチハイキングだった。
IMG_8524sw.jpg

”月の谷”のゲート。
IMG_8525sw.jpg

ここでバスに乗ってホテルに向かう。バスから遠くに見える街並みにあるホテルまで、下っていく。
IMG_8527sw.jpg

ホテルはウユニ塩湖に行く前に泊まったのと同じホテルだ。部屋は違っていたが、同じようにぜいたくな部屋だった。ソファーにダイニングテーブル、キッチンまで備わっていた。今回の旅行の最後に泊まるホテルとしては申し分ない。明日の夜は、機内で過ごすのだ。
IMG_8534sw.jpg

ホテルの部屋から眺めた景色。”月の谷”で見たのと同じような風景が見える。つまり、このホテルは脆弱な地盤の上に建っているということだ!!
IMG_8536sw.jpg

早めの時間にホテルに到着したので、夕食までの間、近くの巨大スーパーウォッチングに出かけた。買うものはないのだけど。キヌアというひえみたいな穀物がアンデスの人たちの体力の源泉だというので、買った。最近、日本のテレビでも紹介されていた。帰国後、ご飯を炊くときに少しずつ混ぜて食べた。

夕方の散歩のときにみかけた光景。
ホテルの前にいた女性。
IMG_5647w.jpg

サッカーに興ずる女性。IMG_5651w.jpg

働く女性。
IMG_5661w.jpg

街路樹。

IMG_5663w.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。