SSブログ

赤い岩でできたハスペの滝とジュラシックパークの撮影場所 [ギアナ高地]

パライ・テプイでロライマ山を眺めながらの気持ちのいい朝を過ごしたのち、4WDは、出発した。

今日は、ベンズエラのギアナ高地中央のグラン・サバナを走るほぼ唯一の道路を北へ向かって、ルエパの近くのチバトンというところまで行く。その間には、いくつもの滝があって、グラン・サバナ観光といえば、その滝めぐりになる。
グラン・サバナの標高は、大体、1000mちょっとくらいなので、熱帯とはいえ、快適な気温だ。

まず、パライ・テプイに行くときに、炭焼きチキンを食べたサン・フランシスコ・デ・ユルアニまで下っていく。
来る時と同じく、悪路なので時間がかかる。4WDでなければ走れないだろう。
それでも、ロライマ山の風景を見ることは、エンジェルフォールを見ることと並んで、今回の旅行の大きな目玉だったので、清々しい気分だ。
悪路の途中、モリチェ椰子の木が茂っているところで、写真ストップをした。
先住民のペモン族は、今も、椰子の葉で屋根を葺き、実を食べ、幹に巣食う虫を食べたりと、欠くことのできない木なんだそうである。椰子の木の生えているところには、必ず泉があるので、道に迷ってものどを潤すことができるそうだ。
IMG_1210w.jpg

次に向かったのは、ハスペの滝だ。
昨日は、お天気の状況によって、ロライマ山の遊覧飛行を優先してしまったために、スキップしてしまったのだ。
今日の最終目的地からは反対方向にあり、30分ほどブラジル方向に戻ることになった。

この滝は、日本人に人気があるそうだからスキップするわけにはいかない。
人気の秘密は、川床が赤いこととどことなく日本的なムードがあるからではないか、という説もあった。
IMG_1215w.jpg

この赤いのは、碧玉という岩で、英語ではジャスパー、スペイン語でハスぺ、となる。
水の中にじゃぶじゃぶと入っていくと気持ちがいい。
そのために、ラッシュガードで上下を揃えてきた。靴もかかとのついたサンダルだし、靴下もはいているから、虫よけになる。この旅行のために買い揃えたので、記念に足元だけ撮っておこう。
IMG_1219w2.jpg

リタイア組のおじさまも、こういうところにくると、童心にかえるようで・・・。
IMG_1224w.jpg

滝の水が流れている方向。ちょっと水が少ない。
IMG_1229w.jpg

名前のとおり、岩がきれいな色だ。それに表面がなめらかですべすべしている。
IMG_1226w2.jpg

色が違うところもある。
IMG_1232w.jpg

自然の造形とは思えないほど。もしかしたら、このあたりは、ダイアモンドや金の鉱脈があり、かつてはにぎわっていたそうだから、人間の意図的なものがあったのかもしれない。そうだとしても、なんのためにこんな模様を???IMG_1234w.jpg

滝の帰り道で、見かけた子供たち。つるで編んだかごを背負っている。
IMG_1241w.jpg

ここは、遊ぶのにも格好の環境のようだ。

滝の水辺に近いところで、青色に輝くモルフォ蝶をみつけたが、カメラで追い回すのは止めた。マチュピチュのインカ古道では、虹色のモルフォ蝶をみつけて、カメラで追いかけまわしたが、10枚以上も撮ったにもかかわらず、どれもピンボケで、がっかりしたのだ。
マチュピチュはアマゾン川の源流になる地域で、ギニア高地と同じく南米の北になるので、モルフォ蝶の棲息域として共通しているのだろう。

道には、こんなアリの巣も。
IMG_1242w.jpg

しばらく走ったと思ったら、すぐに4WDは停まった。今度は、グラン・サバナを見渡すことができる地点だという。
グラン・サバナとは、ギアナ高地の谷間に広がる大草原を指している。地図でみると、ロライマ山やクケナン山のある地域と、エンジェルフォールなどのある地域との間に広がる平野になっている。その真ん中を道路が走っている。
グラン・サバナでは、ジュラシックパークの映画撮影が行われたというが、その映画をみていないので、ナルホドというわけにはいかなかった。
写真は、地点から右をみている。
IMG_1244w.jpg

この地域も熱帯で雨の多いところなので、熱帯雨林が広がってもよさそうなところだと思う。そうなっていないのは、先住民のペモン族が野焼きを繰り返してきたからではないか、という疑念が湧きあがる。だが、ネットで調べてもわからなかった。なぜ、ペモン族が野に火を放つのかもわからない。ここは熱帯なので、暖を取るための焚き木は必要ないので、見通しがいいほうが、防衛上、よかったのだろうか。
現在、ベネズエラ政府は、規制にかかっているらしい。

写真は、地点の左側。
IMG_1246w.jpg

咲いていた花。
IMG_1247w.jpg

さて、4WDは、炭焼きチキンのサン・フランシスコ・デ・ユルアニまで戻ってきて、小休憩となった。ねむの木が茂っていた。IMG_1248w.jpg


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ユルアニの滝で全身ずぶ濡れ [ギアナ高地]

炭火焼チキンのサン・フランシスコ・デ・ユルアニのすぐ近くにユルアニの滝がある。いつもは、水量が多くて豪快な流れなんだそうだ。
降りられるようになっているので、木につかまりながら降りていく。
IMG_1250w.jpg

突然、現地ガイドリーダーさんが、滝の裏側を歩こう、と提案してきた。
日本からの添乗員さんはちょっととまどっている。今まで何回もここに来ているが、滝の裏側までいったことはないそうだ。だが、現地ガイドリーダーさんに絶対的な信頼を置いているので、みんなで、裏側に行こう、ということになった。

最後まで滝の裏には行かない、と頑強に拒否していた私だったが、現地ガイドリーダーさんがレッツゴ~~~!!と私の手を引っ張って行った。そこまで言うのなら命は預けたわよ~。

下の滝の写真は、私が撮ったのではない。私は、滝をくぐっていたのだから。

日本に戻って、写真を整理していたときに、滝くぐりの写真があってびっくり仰天した。
そういえば、ただ一人、滝くぐりに参加しなかったおじさまがいた。彼は、私と同じ機種のカメラを持っていた。だから操作もわかるので、ついでに写してくれたらしい。
彼が滝くぐりに参加しなかったのは、新婚間もない奥様の滝くぐりの晴れ姿を撮るためだったと思うが、私のカメラにまで気を配ってくれて感謝!!!

みんなで手をつないでいけば、こわくない。
IMG_1253w2.jpg

てっきり、滝の裏側がえぐれているのだと思っていたが、甘かった。滝の水が頭に直接、降り注いでくるではないか。
崖はえぐれているわけではなくて、水が放物線を描いて、ほんの少し、崖と水との間にすきまができるところを歩くのだ。
足の短いわたしは、膝の上まで水につかってしまった。

岩はすべすべしているので、すり足で歩くように指示が出る。
ここで死ぬわけにはいかないので言われたとおりに歩く。
IMG_1254w.jpg

つないだ手に引かれているうちに、滝の外に出た。あ~生きてた~。だけど、ここからどうするのさ~。
こんなところまでカメラを持ってきた人が、記念写真を撮っている。
IMG_1258w.jpg

なんか、みんな、おおはしゃぎ。
IMG_1259w.jpg

また戻るときが大変。意を決して猛烈な水圧に耐えながら滝の中に入っていく。
赤信号、みんなで渡れば怖くないのよ。
IMG_1261w.jpg

そろりそろり・・・・。
IMG_1263w.jpg

ホ~~、全員、生還しました。
IMG_1265w.jpg

だが、大切なサングラスがないことに気が付いた。
滝に入るときに、外し忘れていたと思う。戻ってきたら、どこにも見当たらなかった。必死だったからねぇ。

現地ガイドリーダーさんいわく。

”エンジェルフォールで見つかるさ”

サングラスですんで良かった。命はあったのだから。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アラパンの滝の花 [ギアナ高地]

ユルアニの滝では、思いがけず、ずぶ濡れになってしまった。
だが、グループ全員、濡れてもそのまま、4WDに乗る。
さすが、シートには、持参のビニールシートを敷いた。

グラン・サバナにはいくつもの滝があり、それぞれ見どころがある。
ずぶ濡れになったユルアニの滝は、もともとは、豪快な流れを眺める滝だったのだが、今回は、水量が極めて少ないということで、急きょ、裏見の滝になった。いつもは、そんなことは、できないそうだ。

4WDは、ほどなく、次の滝に到着した。
アラパンの滝という。ここはのどかな風景が広がっているし、滝もおだやかな表情を見せている。
この滝は水浴びをして遊ぶ滝なんだそうである。
IMG_1266w.jpg

私たち以外はだれもいない。滝占有状態で、みんな水遊びを始めた。
滝壺に飛び込む人。
IMG_1269w.jpg

歩きまわる人。
IMG_1270w.jpg

私はカメラ持参で、膝まで水につかって、植物観察だ。おだやかな川岸には、めずらしい木や花がある。
IMG_1277w.jpg

これは大きな木の花のつぼみだ。とてもきれいなピンク色だ。
IMG_1274w.jpg

花も咲いていた。花の名前がわからないのは残念。ギアナ高地の本をみると、マグノリアと書いてあった。
だが、外国の花の本では、モクレンだってマグノリアと書いてある。
我が家の近所には、立派なタイサンボクがあるが、それが、正真正銘のマグノリアだと思っている。
そのタイサンボクの花と比べてみても、雄しべや雌しべのつき方がかなり違う。それに、タイサンボクは、こんなにピンク色にはならないし、花がもっと大きい。
でも、木全体の雰囲気は、確かにタイサンボクに似ている。
IMG_1288w.jpg

マロニエ、もしくはベニバナトチノキに花の雰囲気がそっくりだ。
だが、ひとつひとつの花の形がベニバナトチノキとは異なる。
いったい、だれでしょう、この美人は。
IMG_1276w.jpg

これは、キバナキョウチクトウだと思う。調べてみると、東京にも咲いているらしい。
IMG_1281w.jpg

これは、調べてもわからなかった。
IMG_1283w.jpg

特徴のある葉を持つ、この植物は、草なのか、木なのか、よくわからないがよく見かけた。
IMG_1284w.jpg

極楽鳥花の原種みたいな花もベネズエラではどこでも咲いている。
IMG_1289w.jpg

植物観察をしているうちにも、グループの皆様の水遊びは終わったようだ。
みんな水に入っても、着替えないで、そのままだ。
暑いし、速乾の服を着ているので、まぁ、なんとか我慢できる。
IMG_1279w.jpg

濡れたままで、再び4WDに乗り込み、次は、テプイがよく見えるところで、写真ストップをした。
ここはテプイの谷だという。テプイと呼ばれる卓状台地の山がいくつも見えるので、そういう名前を、添乗員さんたちが、つけたそうだ。もともと名前がついているわけでもないらしい。
正面の卓状台地は、2600mのユルアニ・テプイだと思う。
鉛筆のようにとんがっているのが、ワダカイピエポ、これは間違いない。
IMG_1292w.jpg

グラン・サバナの大草原が以前は、森林地帯であったということだが、調べてみるとどうも、ガラガラヘビがいて危険なので、焼き払っているということらしい。それにしても貴重な森林を焼いてしまうというのは、なんとかならないものだろうかと思う。だが、当事者にしてみれば、命に係わることだから仕方がないのだろう。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。