SSブログ
ギアナ高地 ブログトップ
前の3件 | -

エンジェルフォールを見に行く [ギアナ高地]

ベネズエラに世界最大の落差 979 m の滝、エンジェルフォールがある。
あまりにも落下距離が長すぎて、流れ落ちる水は、途中で霧になってしまい、滝壺がないという。
その水は、ロストワールドとも呼ばれる、現世とはかけはなれた卓上大地から流れてくるという。
これはぜひ、行かなければならない。

写真は、エンジェルフォール。
下から見上げているので、滝の落差が1kmもあるようにはみえない。
山のてっぺんから滝が流れてくる光景は、不思議だ。
IMG_1853HYOSI2.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羽田からロサンゼルスを経由、パナマシティへ [ギアナ高地]

羽田発、ロサンゼルス往きの飛行機は、深夜の0時半に飛び立った。
南米にいく飛行機はいつも真夜中に出発する。
羽田から海外に出発するのははじめてなので、お店をひとめぐりしてみたが、成田とほとんどおんなじだ。
IMG_0086w.jpg

飛行機に乗り込むと、しばらくして食事が出るが、深夜の食事は胃腸をおかしくするのでパス。
窓際席に座れたが、外は真っ暗でなにもみえない。丑三つ時に起きていたのは数年ぶりではないか。
10時間以上のフライトはくたびれる。ようやく外が明るくなってきた。
IMG_0093w.jpg

朝が来た、と誰でも思う。
だが、これは夕方の光だった。

飛行機は高度を下げ、ロサンゼルスの町がすぐ下に見える。
IMG_0107w.jpg

ロサンゼルス空港に到着したのは、夕方の午後7時過ぎ。
深夜に羽田を出て夕方のロサンゼルスに到着だから、頭が混乱する。
空港には虹が出ていた。これは幸先がいいネ。
IMG_0119w.jpg

そうそう、あのドーム、前に来た時も見えた、ロサンゼルス空港のシンボルマーク。
IMG_0121w.jpg

ロサンゼルスではトランジットにもかかわらず、徹底的な入国検査を受ける。これに時間がかかるのだ。
アメリカを経由しないで南米に行く方法はないものかといつも思う。
指紋を取られ、靴をぬいでバンザイ状態でレントゲン撮影みたいなことをする。英語でどこへ行くのか、などと質問される。どこへ行こうと私の勝手でしょ、などと英語では言えないのでジョージタウン!!と叫ぶ。
今回は手荷物は開けられなかった、ラッキーかな、開けたら検査官のほうが卒倒するくらいにごちゃごちゃなのだ。

で、ロサンゼルスから次の寄港地であるパナマシティに向けて飛び立ったのは、深夜24時近く。
IMG_0129w.jpg

このフライトは6時間ほどのはず。
でしばらくすると、空が明るくなる。これは、夕方なのか朝なのか。
深夜に羽田を出ると夕方のロサンゼルスに着く。
この伝でいくと、深夜にロサンゼルスを出ると、夕方のパナマシティに着くのだろうか。
そんなことにはならなくて、どうやら朝らしい。
IMG_0148w.jpg

この飛行機の食事はおいしかったのだけど、どうも朝食らしいので、アルコールは飲まないままになってしまった。
飛行機ではワインを飲むのを楽しみにしているのだが、今回はタイミングを失したままになっている。
IMG_0153w.jpg

この光は朝そのものだ。
IMG_0157w.jpg

大きなビルが建っている。もうパナマの空港に近い。
IMG_0171w.jpg

飛行機が高度を下げていく。
海には大きな船がいっぱい。パナマ運河の通航を待っているのだろうか。パナマ運河が見えないかと見ていたのだが、どうやら反対方向で見えなかった。
IMG_0180w.jpg

茶色く濁った海は、岩礁に沿って波立っている。不思議な光景だ。
IMG_0183w.jpg

陸地からマングローブの根が伸びているのが見える。
IMG_0184w.jpg

これは河口。
IMG_0185w.jpg

熱帯雨林が広がっている。IMG_0186w.jpg

窓からの景色に見とれているうちにパナマシティ空港に着いた。
IMG_0188w.jpg

ここからまた飛行機に乗らなければ南米には到着しない。なんて遠いのだろう。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ガイアナのジョージタウンに到着 [ギアナ高地]

はじめて降り立ったパナマ。
パナマ帽なんて売っているお店もあったけど、他の空港とそんなに違わない。
IMG_0191w.jpg

と思ったら、教会があった。どこかの空港で、イスラム教信者のためのお祈りの場所がある空港もあったけど、キリスト教の教会がある空港は、はじめてみた。
IMG_0189w.jpg

パナマのトランジットは簡単だった。
また小さな飛行機に乗る。今度の行き先は、ガイアナの首都、ジョージタウンだ。
パナマシティの住宅がみえる。
IMG_0200w.jpg

多分コロンビア上空を通過中だと思う。川や池、沼地のようなものが点在している。今回のツアーの添乗員さんは、コロンビアに行ったばかりで、すごくいいところだと宣伝していた。
IMG_0210w.jpg

機内食のフレンチトーストは、なかなかおいしかった。パンがついている。
IMG_0215w.jpg

道路や川が入り組んだ大地はどのあたりだろうか。ベネズエラの町なんだろうけど建物がみえない。畑かな。
IMG_0216w.jpg

川の扇状地に村ができている。ベネズエラのオリノコデルタかな。
IMG_0221w.jpg

大きな川はガイアナの川かなぁ。
IMG_0222w.jpg

道路のない森林地帯。もうガイアナだろう。
IMG_0231w.jpg

飛行機の高度がどんどん下がっていく。
熱帯のジャングルを流れる川。水は濁っていて川岸がない。こういう川は日本ではみたことがない。空港に近いところだと思うが人家も道路もない。
IMG_0232w.jpg

ジョージタウンに無事着陸。
IMG_0233w.jpg

あら、女性の係官!!
カッコイイ。
IMG_0234w.jpg

やっと最初の目的地に到着した。
ここは赤道からわずか6度ほど北のガイアナ空港の建物。時刻は午後2時。
熱帯の陽射しがなぜか心地よい。
IMG_0238w.jpg

乗ってきた飛行機。
IMG_0240w.jpg

建物は、空港。手前のバスにこれから乗り込む。
ようやく旅行がはじまる。
IMG_0243w.jpg

今回のツアーはガイアナからブラジルを通過してベネズエラに入る。
ツアー参加者10名ほどに添乗員で約2週間過ごすことになる。

ギアナ高地はガイアナ、ブラジル、ベネズエラの3国にまたがっている。ギアナ高地をぐるりとひとめぐりすることになる。エンジェルフォールは、ギアナ高地の奥深くにあるのだ。
ギアナ高地に行くのに、ガイアナから入るツアーは、今回参加したものだけではないかしら。
そもそも日本からガイアナに行くツアーなんて聞いたことがない。「地球の歩き方」をみてもガイアナはわずか2ページ分の紹介しかない。

ギアナ高地は日本では今、旬のツアーだが、ほとんどはベネズエラのカラカスから入っていく。
だが、ギアナ高地の全容を理解しようとするとギアナの英語読みであるガイアナを国名とする国にもいくべきではないだろうか。というのが、今回のツアーコース参加の理由だった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - ギアナ高地 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。